チェンジアップは、打者の手元で減速して沈み、タイミングを外させる変化球です。握り方は人それぞれですが、ボールの回転を抑える必要があるので、指先をボールにかけないようにします。何よりも重要なのが、ストレートと同じフォームで投げるということ。チェンジアップは、ストレートだと思わせることでタイミングをずらして打ち取る変化球です。チェンジアップだとばれてしまったら、かなりの確率で打たれてしまうので、極力、ストレートと同じ投げ方ができるようにしましょう。ストレートと全く同じフォーム、投球モーションで、リリースの瞬間だけ抜いた感じで投げるというのが理想です。2シームは、ツーシームファストボールとも呼ばれるシュート回転がかかるストレートの一種です。公式球の縫い目が日本のものより緩く、豪腕の投手が多いメジャーではよく使われているようです。日本ハムのダルビッシュ有投手や東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が投げることでも知られていますね。2シームの投げ方は、ボールのそれぞれの縫い目に、人指し指と中指を沿わせるようにして握ります。この二本の指の幅を変えたり、力の入れ具合を変えることで、球速や変化量を変えることができるでしょう。投げ方はストレートと同じように投げます。一般的なストレートであるフォーシームファストボールとの投げ方の違いは、握った時のボールの向きで、ボールを横に90度回転させて握りますー